アース製薬
受付カウンター 両開き書庫 + パーソナルロッカー 書庫型カウンター ハイカウンター インフォメーションカウンター 記帳台 受付台 ALZ-HM-CL

1
(業務用3セット) シヤチハタ Xスタンパー用補充インキ 〔染料系/60mL〕 XR-6N 紫:(日):27 ID:
ゴキブリファンネル 300mL φ47mm用 〔061680-4711〕


アース製薬の有吉立さんは、研究部生物飼育課係長として、製品開発に使われる100種類もの虫を飼育しています。なかでも数が多いのがゴキブリです
飲食店にすみつくチャバネゴキブリ、台所にいるクロゴキブリなど、飼育する数は約100万匹にもなります。

毎月約2万~3万匹が生まれ、殺虫剤の効果を試す試験などに月約1万匹は使われます。試験は、殺虫剤が最も効きにくい羽化後10~15日の成虫
で行うのが望ましいとされています。温度管理などに気をつけながら計画的に育てて、試験に必要な数を安定的に提供するのが、飼育員の腕
の見せどころです。

最初の担当はハエでした。飼育箱に幼虫を移した後、昼食がのどを通らず、ゴキブリを数百匹単位でピンセットでオスとメスに分けた日の夜
は、ゴキブリの夢にうなされたそうです。

50万匹放し飼いの部屋で悟り

入社から約1年。約50万匹のゴキブリ放し飼いにしている部屋に掃除や水替えのために入ると、ゴキブリが避けるように逃げていくことに気
づきました。「虫は人間を怖がっている。生きるために必死なんだな」。そう思い始めたら、虫が怖くなくなり、親しみを感じるようになっ
たそうです。

ほとんどの虫は、殺虫剤の試験などの犠牲になります。病原菌を媒介し、人の命を脅かすこともある虫。デング熱の感染が広がったのは蚊に
よる媒介が原因でした。「世の中の役に立ちたい」。製品開発に欠かせない虫たちと向き合う有吉さん。日々、そんな気持ちで仕事に励んで
います。

ハレルヤ 長財布 レディース がま口 ヌメ革 レザー 本革 小銭入れ Pink beige

ソース
A-Tech 16GB RAM for Dell PowerEdge MX740C - DDR4 3200MHz PC4-25600 ECC Regi
 
 
2:(日):40 ID:
うわ、貞子みたいなオバハンだな